医龍 Team Medical Dragon3 第10話(最終回) 予告


 最高水準の技術を要する手術を2つ同時に行うことになったチームドラゴンの面々。患者の1人は高瀬春香(出口結美子)。黒木(遠藤憲一)のかつての同僚、高瀬(渡辺いっけい)の妻だ。
 もう1人は世界的に有名なロシア人ピアニストのリディア・ナターリア(Asya)。リディアを追いかける報道陣の数のすさまじさに、木原(池田鉄洋)らは「これを成功させたら、就任したての野口(岸部一徳)学長の名前も一気に上がるな」と噂する。
 この2つのオペを同時にこなすために、春香の手術は朝田(坂口憲二)が執刀、さらに伊集院(小池徹平)、荒瀬(阿部サダヲ)、冬実(谷村美月)、響(初音映莉子)らが担当。そしてリディアの手術は、加藤(稲森いずみ)が執刀、さらに北洋病院から朝田が呼んだ外山(高橋一生)、野村(中村靖日)らが受け持つこととなった。
 学長の野口は朝田にリディアの手術に入るよう命じるが、朝田は患者の状態を見てベストな選択をした結果、自分は高瀬の手術の執刀をすることに決めた、と一歩も引かない。そんな朝田に、野口は「万一のことがあったら、クビぐらいじゃすまないよ」と不気味な一言を残して立ち去る。
 そんな折、高瀬の娘・恵(菅野莉央)が春香の病室を訪れる。恵はサッカーで骨折し、近くの病院に入院しているのだが、春香が心配で無理をして見舞いに来たのだ。黒木は、仲のよい母娘の姿に、心を打たれる。
 手術を翌日にひかえたある日、朝田は廊下で偶然会った鬼頭(夏木マリ)に、「あんたが呼び戻したチームだ。あす最高のオペを見せてやるから見に来い」と声をかける。
 いよいよ手術当日。最高レベルの技術を要するオペが2つ同時に始まった。野口や藤吉(佐々木蔵之介)、木原らは固唾を呑んで見学室から様子を見守る。手術は順調に進んでいるかのように見えたが、途中で木原が顔面蒼白で飛び込んでくる。なんと、恵が肺塞栓で倒れ、急患として運び込まれてきたのだ。顔面蒼白も当然で、症状はすぐにオペをしないと間に合わないほどに重篤で人工心肺が必要だが、2台とも春香とリディアの手術で使用している。ほかの病院でも受け入れ不可、かつ他の病院から人工心肺を借りようにも事態は一刻を争い、とても時間的に間に合わない――。
 2台しかない人工心肺に対し、それが必要な患者は3人。人工心肺をあてがわれなかった1人は、間違いなくすぐに死に至る――。非道な決断を迫られたチームドラゴン。はたして、朝田はどのような決断をくだすのか・・・!?


医龍 Team Medical Dragon3
【木曜】22:00〜22:54
【出演者】
朝田龍太郎・・・坂口憲二
加藤晶・・・稲森いずみ
伊集院登・・・小池徹平
荒瀬門次・・・阿部サダヲ
真柄冬実・・・谷村美月
木原毅彦・・・池田鉄洋
黒木慶次郎・・・遠藤憲一
藤吉圭介・・・佐々木蔵之介
鬼頭笙子・・・夏木マリ
野口賢雄・・・岸部一徳
ほか
【スタッフ】
主題歌 :DEEP「未来への扉」
原案:永井明
漫画:乃木坂太郎(小学館刊「隔週刊ビッグコミックスペリオール」連載)
脚本:林宏司
音楽:澤野弘之、河野伸
プロデュース:渡辺恒也
演出:水田成英、葉山裕記、田中亮
企画:長部聡介
制作:フジテレビドラマ制作センター
公式 http://www.fujitv.co.jp/iryu3/

2010年12月13日

| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡る世間は鬼ばかり 第9話 予告


渡る世間は鬼ばかり 第9話 予告

 貴子(清水由紀)と眞(えなりかずき)が1年半ぶりに再会した。しかし、貴子は眞との出会いを喜ぶどころか、もう二度と会うつもりはなかったと避けるそぶり。何故日本に戻ってきたのか、どうして連絡してくれないのかと、謎だらけの眞に貴子は重い口を開いた。
 貴子の父・道隆(武岡淳一)が中国で脳梗塞を患い、半身が不自由のまま東京に帰ってきたのだという。道隆は今もベッドに寝たきりで、貴子の介護なしでは生きていけない。しかも2人の生活は、深夜の工事現場で働く貴子の収入だけが頼りだった。そんな自分のことはもう忘れて欲しいという貴子だが、眞はこのまま放っておけないと諦めない。貴子に迷惑だといわれても眞は彼女の後を追い、アパートまでついて行った。
 眞と貴子が会ったことを誠(村田雄浩)から聞いた五月(泉ピン子)は、居ても立ってもいられなかった。眞からアパートの住所を場所を聞き出した五月は、眞が無駄だと止めても貴子と道隆に会いに行く。

2010年12月12日

| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医龍 Team Medical Dragon3 第9話 予告


 朝田龍太郎(坂口憲二)と対峙した野口賢雄(岸部一徳)は、明真に忘れ物をしたと意味深な言葉を残す。オペ中、器材にぶつかり一時混乱を招いたことで落ち込んでいた真柄冬実(谷村美月)は、真鍋徹(今井悠貴)にありがとうと言葉をかけられ戸惑う。
 野口は鬼頭学長(夏木マリ)にロシアのお土産と同時に、明真のメディカルツーリズム希望者リストと、ロシアや中国から招へいする医者リストを手渡す。今の制度では外国人医師を受け入れるのは無理だと話す鬼頭に、野口はすでに根回し済みだという。あまりに規模の大きな話に拒絶しようとする鬼頭だが、野口は無理やり書類を突き出した。
 黒木慶次郎(遠藤憲一)の前には元同僚の高瀬清(渡辺いっけい)が妻の病気を治して欲しいとお願いに来ていた。高瀬を恨んでいる黒木は、依頼を一蹴する。失意で泣き出し、過呼吸になってしまった高瀬を朝田と伊集院登(小池徹平)が助けた。高瀬から黒木との関係を聞く。黒木の元婚約者のオペに高瀬もたずさわっていて、黒木を裏切った1人だったのだ。
 入院中の北見里香(岩橋道子)のカテーテルを翌日に控えた黒木は、階段の途中で立ちくらみで手すりに寄りかかった。その様子を見た荒瀬門次(阿部サダヲ)は、病名と問うが黒木は何も言わずに話をそらす。
 野口は何者かからある書類を受け取っていた。一方、屋上で1人、高瀬の妻のカルテを見ていた黒木のところへ朝田が現れた…。



医龍 Team Medical Dragon3
【木曜】22:00〜22:54
【出演者】
朝田龍太郎・・・坂口憲二
加藤晶・・・稲森いずみ
伊集院登・・・小池徹平
荒瀬門次・・・阿部サダヲ
真柄冬実・・・谷村美月
木原毅彦・・・池田鉄洋
黒木慶次郎・・・遠藤憲一
藤吉圭介・・・佐々木蔵之介
鬼頭笙子・・・夏木マリ
野口賢雄・・・岸部一徳
ほか
【スタッフ】
主題歌 :DEEP「未来への扉」
原案:永井明
漫画:乃木坂太郎(小学館刊「隔週刊ビッグコミックスペリオール」連載)
脚本:林宏司
音楽:澤野弘之、河野伸
プロデュース:渡辺恒也
演出:水田成英、葉山裕記、田中亮
企画:長部聡介
制作:フジテレビドラマ制作センター
公式 http://www.fujitv.co.jp/iryu3/
| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナサケの女 第8話(最終回)

12月9日(木)
ナサケの女〜国税局査察官〜 最終話予告

 新田(柳葉敏郎)が撃たれた数週間後、松子(米倉涼子)は西伊豆の老人ホームにいた。三木(塚本高史)が松子を連れ戻そうと訪ねてくるが、そこへ突然、裁判所の執行官らが老人ホームの差し押さえにやってくる。債権者への支払いが滞っているというのだ。だが、このホームの土地と建物は、時価の三倍の金額で売買されており、その売却に花形不動産が関わっていた。社長の花形(橋爪功)は、老人ホームを計画倒産させ、隠し財産を得ているらしい…。それを知った松子のサカン魂に再び火がつく!
 三木「イチバンの仇とりましょうよ!」松子「……。三木ちゃん、東京に帰ろう」松子をはじめ、花形の悪質なやり方に憤りを隠せないナサケの面々は内偵調査を続け、部長代理の遠山(長谷川朝晴)に嫁入りを申し出る。しかし、自分の保身しか考えない遠山は首を縦に振らない。
 その矢先、張り込み中の松子、三木、一美(飯島直子)が花形と関わり合いのあるヤクザらに絡まれてしまう。鉄子(武田鉄矢)の登場でその場は事なきを得るが、一美の口から驚くべき秘密が明かされる…!
 地道な調査の末、松子たちは花形の裏金が倒産したホームに運び込まれたことを突き止める。曽根(泉谷しげる)は嫁入りを発表、遠山の反対を退け、花形不動産への再度の強制調査を決定する。そして、強制調査当日。査察官の誇りを胸に、ガサ入れに向かう松子たち。タマリは無事発見できるのか? 今度こそ花形を逮捕できるのか…!?


□ナサケの女〜国税局査察官〜
テレビ朝日系 木曜 21:00〜21:54
公式サイト http://www.tv-asahi.co.jp/nasake/
主題歌:DREAMS COME TRUE「LIES,LIES.」
キャスト
松平松子(米倉涼子)、新田進次郎(柳葉敏郎)、三木航介(塚本高史)、犬養一美(飯島直子)、五藤 満(鈴木浩介)、久米四郎(小市慢太郎)、二宮晶太(夕輝壽太)、内村ナナ(斉藤めぐみ)、赤川友也(瀬戸康史)、西恭子(鹿沼憂妃)、日野敏八(勝村政信)、曽根六輔(泉谷しげる)、鉄子(武田鉄矢)

2010年12月07日

| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医龍 Team Medical Dragon3 第9話 予告

12月9日(木)22:00〜22:54 放送予定

 明真に戻ってきた野口(岸部一徳)は、学長の鬼頭(夏木マリ)に「明真を医療特区にすべく、厚労省や外務省幹部と交渉しています」といきなり切り出す。中国で、ロシアの保健・社会開発省の重鎮とのパイプを得た野口は、「明真を医療特区のモデル地区第一号としたい、それが成功すれば明真は外国人医師と患者で溢れることになり、これこそが真の医療の国際化である」と力説するが、日本人医師と患者が減ることを懸念する鬼頭はその案を押し戻す。
 そんな折、朝田(坂口憲二)と伊集院(小池徹平)は中庭のベンチで過呼吸に陥っている高瀬(渡辺いっけい)という男性を助ける。2人が心臓外科の医師だと知ると、高瀬はやおら土下座し、「黒木(遠藤憲一)に自分の妻の治療をしてもらえるよう話をつないで欲しい」と懇願する。
 その必死の面持ちに事情を訊ねると、「自分と黒木はかつて同僚であり、チームとしてお互いを信頼していたのに、教授が執刀し患者を死なせた手術の際には全員黒木に全責任をかぶせ、その結果、黒木は医局を追われた。自分たちチームは全員黒木を裏切ったのだ」と告白する。
 だが、「自分の妻が重度の心臓病になり、なるべく人工心肺を使わず、カテーテル治療を希望しているため、黒木に執刀して欲しいと思い会いに来たのだが、話すら聞いてもらえなかった」と言うのだ。"無理もない"と思う一方、妻の命を救えるのは黒木しかいない、とわらにもすがる思いで、高瀬は朝田と伊集院に頼み込む。
 同じ頃、北見里香(岩橋道子)という患者が明真を訪れるが、診察にあたった黒木は、「すぐに治療と手術を要する」と本人および家族に告げる。
 里香の手術前日。黒木は思わず手すりに寄りかかるほど強い立ちくらみに襲われる。そんな黒木に荒瀬(阿部サダヲ)は「顔色が悪いな」と気遣うが、黒木は「カテに患者が殺到して忙しいからだ」と無理に平静を装う。
 そして迎えた里香の手術当日。なかなか姿を現さない黒木に、助手たちが「最近体調悪そうだけど、どこかで倒れているんじゃないだろうな?」と会話しているのを、藤吉(佐々木蔵之介)はすれ違いざま小耳に挟む。
 そんな中、手術は始まる。最初のうちこそ順調に進んでいたかに見えたが、次第に黒木の異常は助手たちの目にも明らかになっていく。そして普段の黒木ではありえないミスを犯し、ついには内科医の黒木では決して治すことのできない絶体絶命の危機に陥ってしまい…。


医龍 Team Medical Dragon3
【毎週木曜】22:00〜22:54
【出演者】
朝田龍太郎・・・坂口憲二
加藤晶・・・稲森いずみ
伊集院登・・・小池徹平
荒瀬門次・・・阿部サダヲ
真柄冬実・・・谷村美月
木原毅彦・・・池田鉄洋
黒木慶次郎・・・遠藤憲一
藤吉圭介・・・佐々木蔵之介
鬼頭笙子・・・夏木マリ
野口賢雄・・・岸部一徳
ほか
【スタッフ】
■主題歌 :DEEP「未来への扉」
■原案:永井明
■漫画:乃木坂太郎(小学館刊「隔週刊ビッグコミックスペリオール」連載)
■脚本:林宏司
■音楽:澤野弘之、河野伸
■プロデュース:渡辺恒也
■演出:水田成英、葉山裕記、田中亮
■企画:長部聡介
■制作:フジテレビドラマ制作センター
【オフィシャルページ】http://www.fujitv.co.jp/iryu3/
| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。