木曜ドラマ 陽はまた昇る 第5話 予告


陽はまた昇る 第5話 予告

 警視庁警察学校の教官・遠野一行(佐藤浩市)の妻・奈津美(斉藤由貴)とともに逃亡中の犯罪者・安西雄哉(ARATA)を追い、警視庁捜査一課長・杉崎孝夫(六角精児)らは静岡へ。ところが、入院中の奈津美を病室に残し、安西は姿を消してしまう。
 そのころ、関東には台風が接近。山岳訓練の実施日を迎えた遠野教場(=クラス)では、助教の白石大地(波岡一喜)が中止を提案するが、遠野は「人が遭難するのは、ほとんどが悪天候時だ」と言い、訓練決行を決意する。不安げな表情を浮かべる訓練生たち…。そんななか、宮田英二(三浦春馬)は積極的にヤル気を見せる。やがて、山へと出発する時間がやって来た。指導にあたるため、訓練生たちとともにバスへ乗り込もうとする初任教養部長・簑島佐和子(真矢みき)。ところが、そんな彼女に遠野は釘を刺す。「女は足手まといです」――遠野の言葉は、能力では男性よりも勝っていると自負する佐和子の怒りに火を点けてしまい…。
 そんな佐和子を残し、遠野たちは出発した。その矢先、杉崎から遠野に、すぐに奈津美の入院先へ来るよう要請が入る。遠野が来たらすべてを話す、と奈津美が言っているというのだ。しかし、遠野は「職務放棄はできない」と返答。そのドライな答えの裏で、遠野は人知れず苦悩していた。本当は一刻も早く、誰よりも奈津美に会いたいと願う遠野。しかし、彼は奈津美のことを気にかけながらも、警察官として個人的な感情を抑え込み、山岳訓練へと臨む。
 ところが訓練開始早々、不測の事態が発生した! 川渡り訓練の最中、訓練生のひとり・中仙道彰(相葉裕樹)が足場を失い、川に流されてしまったのだ。さらに遠野の制止を振り切って、彰を救うため水中に身を投げ出した英二、周太、関根尚光(南圭介)、藤岡瑞樹(中川真吾)までもが濁流に飲み込まれてしまった!さらに息つく暇もなく、容赦なく訓練生に降りかかる遭難事故…。そんななか、産気づいた妻の容体を心配するあまり、山岳訓練リーダーとなった松岡博敏(高橋努)がとんでもない行動に出てしまう!
 だが、事件はそれだけでは終わらず、なんと遠野自身の身にも危険が襲い掛かることに。またしても奈津美の身辺で大きな動きが生じ、遠野にも捜査の手が伸びてきたのだ…! 台風さながらに激しく荒れ狂う運命の嵐に、遠野はどう立ち向かうのか!?


陽はまた昇る
木曜 21:00 テレビ朝日2011年7月21日〜
キャスト
佐藤浩市、三浦春馬、池松壮亮、波岡一喜、高橋努、南圭介、冨浦智嗣、北村友彦、斉藤由貴、ARATA、YOU、六角精児、石野真子、真矢みき、橋爪功 ほか
公式サイト:
http://www.tv-asahi.co.jp/hiwamatanoboru/

2011年08月18日

| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木曜ドラマ 陽はまた昇る 第4話 予告


陽はまた昇る 第4話 予告

 遠野教場(=クラス)の訓練生たちが使用している談話室で、アイドルの写真集が見つかった。「このような不謹慎極まりないものを隠し持っていたとは許しがたい事実」と、息巻く初任教養部長・簑島佐和子(真矢みき)。そこまで騒ぎ立てるほどのことでない、と遠野一行(佐藤浩市)は思いながらも教室へ。写真集を掲げながら、咄嗟に浮かべた訓練生たちの表情をチェックし、持ち主を一瞬にして見抜く。その洞察力に舌を巻く訓練生たち。やり取りの中で、遠野は犯罪を認定するためには物的証拠が不可欠だと説き、訓練生たちに鑑識の重要性を再認識させた上で、鑑識の初歩を身につけさせるため指紋採取の実技を行うことに。グラスを用意し、訓練
生のひとり・関根尚光(南圭介)に指紋を付けさせようとする遠野。ところが突然、尚光が腹痛を訴えて教室を飛び出した! 心配になった宮田英二(三浦春馬)が慌てて追いかけると、尚光はひた隠しにしてきた過去について語り出し・・・。
 一方、犯罪者・安西雄哉(ARATA)と逃避行中の遠野の妻・奈津美(斉藤由貴)は体調を崩し、入院していた。その病院に忍び寄る刑事たちの影・・・。時を同じくして、警視庁捜査一課長・杉崎孝夫(六角精児)は警視庁警察学校に電話をかけてきた。応対した佐和子に遠野の所在を確かめるやいなや、どういうわけか「電話があったことを知らせなくていい」と言い残し、即座に受話器を置く杉崎。その一件を聞いた遠野に不穏な予感が押し寄せ・・・。
 その矢先、警視庁警察学校でまたしても騒動が勃発する。遠野教場のジャージを着た男子学生が非常階段を使い、女子寮に忍び込もうとしたのだ! 警視庁警察学校において、男女交際は固く禁じられている。ましてや女子寮に侵入しようなど言語道断。遠野教場の助教・白石大地(波岡一喜)は犯人を特定しようとするが、唯一の手掛かりは犯人が逃げる途中に落としたタオルのみ・・・。
 そんななか、訓練生から容疑者として英二と尚光の名が挙がる! しかし、英二は女子寮に行ったことは認めながらも、非常階段には上っていないと主張。自らの冤罪を晴らすため、唯一の物証であるタオルの指紋を調べさせてほしいと申し出る。遠野は首を縦に振った。「ただし、やるからには絶対に途中で投げ出すな。最後まで徹底してやれ」基礎もできていない訓練生に鑑識の真似ごとをさせるなんて無茶だ・・・――"警察学校の教官"にあるまじき遠野の言動に、とうとう白石までもが意義を唱える。
 一方で英二と尚光は必死にタオルを調べ始めるが・・・!?

陽はまた昇る
木曜 21:00 テレビ朝日2011年7月21日〜
キャスト
佐藤浩市、三浦春馬、池松壮亮、波岡一喜、高橋努、南圭介、冨浦智嗣、北村友彦、斉藤由貴、ARATA、YOU、六角精児、石野真子、真矢みき、橋爪功 ほか
公式サイト:
http://www.tv-asahi.co.jp/hiwamatanoboru/

2011年08月11日

| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木曜ドラマ 陽はまた昇る 第3話 予告


陽はまた昇る 第3話 予告

 静岡で30代の男が巡回中の警察官から拳銃を奪い、逃走するという事件が発生した。朝一番にそのニュースを耳にした警視庁警察学校の教官・遠野一行(佐藤浩市)は、動揺のあまり動きを止めた。妻・奈津美(斉藤由貴)、そして彼女と逃避行している犯罪者・安西雄哉(ARATA)は両者とも静岡出身。まさか、30代の男とは安西では…? 遠野は胸のざわつきを抑え切れずにいた。
 その日は奇しくも、遠野教場(=クラス)の拳銃貸与式だった。「君たちは今日から、人を傷つける武器を持つ。そのことから目を逸らすな」鬼教官・遠野の厳しい言葉とともに、拳銃を受け取った訓練生たちは緊張感を抱きながら、初の射撃訓練へと挑む。そんななか、冷静に銃を放つ、大学時代に射撃部だった湯原周太(池松壮亮)。予想を遥かに超える発砲の衝撃と反動に、思わず体をすくませながらも、何とか訓練を続行する宮田英二(三浦春馬)たち。ところが、訓練生のひとり・上野哲也(北村友彦)だけは恐怖のあまり、拳銃を構えることさえできなかった…。その情けない現状を知った初任教養部長・簑島佐和子(真矢みき)は、遠野に「次回も
同じ結果なら、辞職を勧めなさい」と言い放つ。遠野ですら早すぎると感じる佐和子の結論。しかし、その結論は佐和子が密かに抱える"ある過去"が導き出したものだった…。
 そのころ、英二は周太に拳銃の扱い方のコツを教えてほしい、と頭を下げていた。ところが、周太はむげもなく断る。その態度に、英二は苛立ちを抑えることができず…。
 そんななか、遠野教場の射撃訓練の後に、銃弾の薬きょうがひとつ消えたことが発覚! 拳銃と銃弾、薬きょうを許可なく持ち出すことは固く禁じられている。見つからなければ、大問題になることは必至だ。遠野は教場の訓練生たちに薬きょうを探させるが、一向に見つかる気配はない。しかし、薬きょうがなくなった以上、誰かが持ち帰ったとしか考えられない。犯人はこの中にいる――。「いい機会だ。訓練の一環として、お互いを捜査しなさい。」訓練生たちは言葉を失う。またもや有り得ない遠野の授業が始まった。すると、普段は冷静な湯原周太が突然…!?


陽はまた昇る
木曜 21:00 テレビ朝日2011年7月21日〜
キャスト
佐藤浩市、三浦春馬、池松壮亮、波岡一喜、高橋努、南圭介、冨浦智嗣、北村友彦、斉藤由貴、ARATA、YOU、六角精児、石野真子、真矢みき、橋爪功 ほか
公式サイト:
http://www.tv-asahi.co.jp/hiwamatanoboru/
最後の晩餐〜刑事・遠野一行と七人の容疑者〜

2011年08月04日

| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。