2月17日(木)放送分予告 告発〜国選弁護人、外交官・黒田康作、示談交渉人 ゴタ消し 


木曜日のドラマ
20:00 ホンボシ〜心理特捜事件簿〜 (テレビ朝日)
21:00 告発〜国選弁護人 (テレビ朝)
21:00 渡る世間は鬼ばかり (TBS)
22:00 外交官・黒田康作 (フジテレビ)
23:58 示談交渉人 ゴタ消し (日本テレビ)



告発〜国選弁護人 第6話 予告

 佐原(田村正和)は富田(松尾敏伸)から、裁判員裁判で死刑判決が下った殺人事件の弁護をして欲しいと依頼される。それは、エリートサラリーマンの宮崎康文(大西信満)が、何の面識もない井上隆男(長谷川博己)という男に突然路上で刺されて亡くなるという事件だった。一審の弁護人は控訴を勧めるが、井上はそれを拒否。一度の裁判で死刑が確定してしまうことを危惧した富田は、佐原に相談してきたのだ。
 富田と共に井上の接見に行った佐原は、井上に悔恨の情が見られないこと、被害者の宮崎と一切関係がないにもかかわらず、即死状態の宮崎を何度も執拗に刺したことが気になり、弁護を引き受けることに。井上は拒否するが、佐原は「国選弁護人の私を解雇することはできない」と言い放つ。
 その後、佐原は宮崎の妻・由紀子(国仲涼子)のもとを訪れ、井上の弁護人になったことを報告。由紀子は佐原に対し、井上のことは許せないが、死刑が妥当かどうかは分からないと複雑な心境を吐露する。
 その後の調査で、由紀子と宮崎は8年前に学生結婚していたことや、宮崎はベンチャー企業の御曹司だったため、マスコミに取り上げられるほど豪華な披露宴だったことがわかる。そんな中、かつて刑事だった鶴岡が、宮崎にかつて集団レイプの首謀者として逮捕された過去があったことを思い出す。その事件は、証拠不十分で不起訴になったものの、レイプを告発した女子大生が自殺していたことが判明して…。
告発〜国選弁護人 (テレビ朝日 木曜21:00)
キャスト
佐原(田村正和)、田中純子(真矢みき)、佐原鶴子(相武紗季)、鶴岡健次(近藤芳正)、富田博(松尾敏伸)、佐藤健吾(山口智充)、岡部雅也(橋爪功)
スタッフ
脚本:竹山洋
演出:藤田明二
音楽:沢田完
告発〜国選弁護人


外交官・黒田康作 第6話 予告

 黒田康作(織田裕二)は佐々木藍子(片瀬那奈)の話から、霜村毅(香川照之)が絡む一連の事件の裏に薬害訴訟が起因している可能性を知る。その真実を確かめるべく、黒田は当時、被告となっていたブライトン・ジャパン製薬の吉村進社長(大河内浩)を新製品発表会場に訪ねる。しかし、吉村はトイレで殺害され、黒田は霜村に銃を突きつけられて、この件からは手を引いて欲しいと脅された。霜村は11年前の立てこもり事件での妻・倫世(紺野まひる)の死は流れ弾ではなく、狙われたのだと言い残して逃走してしまう。
 霜村の言葉の真意を探り始める黒田には、もうひとつ気にかかるところがあった。吉村殺害現場の会場に、刑事たちがいち早く駆けつけた事だ。警察への情報漏れを懸念する黒田は、大垣利香子(柴咲コウ)との連絡を絶つ。
 安藤庸介(鹿賀丈史)に会った黒田は、機密文書扱いになっている立てこもり事件の資料の中に倫世の検死報告書を見つける。そこには、意外な事実が隠されていた…。
外交官・黒田康作 (フジテレビ 木曜22:00)
キャスト
黒田康作(織田裕二)、大垣利香子(柴咲コウ)、霜村瑠衣(夏帆)、西園寺守(田中圭)、鴨下祐司(大倉孝二)、君島祐太朗(西島隆弘)、山路貴繁(岩松了)、新居田一彦(田中哲司)、斉藤修助(近藤正臣)、安藤庸介(鹿賀丈史)、霜村倫世(紺野まひる)、佐々木藍子(片瀬那奈)、悠木圭一(萩原聖人)、観上祥子(草刈民代)、霜村毅(香川照之)、ジョン(イ・ビョンホン)
スタッフ
原作:真保裕一
脚本:古家和尚、池上純哉
演出:西坂瑞城、永山耕三
音楽:菅野祐悟
外交官・黒田康作



示談交渉人 ゴタ消し 第7話 予告

 示談交渉人の白井虎次郎(西野亮廣)は小学校の非常勤講師、西野みのり(岩田さゆり)から、学校に非常識なクレームをつけるモンスターペアレントのトラブルを解決して欲しいと依頼される。
 後日、保護者の澤田京介(丸山智己)が息子の元貴を連れて学校にやってくる。元貴の顔には殴られた痣があり、澤田は元貴がイジメに遭っていると訴え、賠償金 100万円を学校に要求。白虎はそんな言い掛かりには応じられないと澤田に言い放つ。雑誌記者の澤田は白虎が外務省の交渉担当者だった事に気付き、今回の件から手を引けと脅してくるが、白虎はそれを拒否する。イジメの目撃者がいない事から白虎は元貴が澤田に虐待されていると確信するが…。
示談交渉人 ゴタ消し (日本テレビ 木曜23:58)
キャスト
白井虎次郎(西野亮廣(キングコング))、桜彩乃(忽那汐里)、藤井信吾(ゴリ) ほか
スタッフ
原作:「ゴタ消し 示談交渉人 白井虎次郎」大沢 俊太郎(スーパージャンプ)
脚本:大石哲也、鈴木 智、川嶋澄乃
演出:岡本浩一、石川北二、本田隆一
音楽:松本晃彦
示談交渉人 ゴタ消し

2011年02月16日

| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。