2月24日(木)放送分予告 告発〜国選弁護人、外交官・黒田康作、示談交渉人 ゴタ消し 


木曜日のドラマ
20:00 ホンボシ〜心理特捜事件簿〜 (テレビ朝日)
21:00 告発〜国選弁護人 (テレビ朝)
21:00 渡る世間は鬼ばかり (TBS)
22:00 外交官・黒田康作 (フジテレビ)
23:58 示談交渉人 ゴタ消し (日本テレビ)



告発〜国選弁護人 第7話 予告

 赤堀事件の後、姿を見せなくなった岡部(橋爪功)を、半年ぶりに街で見かけた佐原(田村正和)は、急いで岡部のもとへ走ろうとするが、岡部は止めてあった外車に乗り込み、走り去ってしまう。タクシーに飛び乗った佐原が後を追うと、その車は藤尾派が集まる料亭に到着。料亭の外には、藤尾代議士(浜田晃)を内偵中の東京高検検事・柳田淳朗(西村雅彦)がいた。柳田によると、岡部が乗ったのは、石川財閥会長の石川松子(市原悦子)の車だという。松子は藤尾の支援者で藤尾派の金庫番だが、最近、藤尾の政界引退を勧告するような松子の発言を週刊誌が掲載し、その動向にマスコミの注目が集まっていた。
 総会終了後、松子と共に店の外に岡部が姿を現した。とそのとき、突如銃声が鳴り響き、松子が銃弾に倒れてしまう…!後日訪ねてきた柳田によると、松子はかすり傷で済んだという。検察は、藤尾が自分が狙撃されるふりをして松子を撃たせたと睨んでおり、松子と岡部の関係についても調査しているらしい。岡部を庇わないよう、佐原に釘を刺す柳田。
 そんな中、岡部が純子(真矢みき)の店にやってくる。岡部は、松子との関係を問う佐原の質問には一切答えず、預けていた弁護士バッジを受け取ると、「嫌な仕事をする」と言い残し、暗い顔で店を出て行く。そして翌日、岡部は岸田麗子(釈由美子)の弁護人として彼女の自首をマスコミに発表。麗子を殺人犯に仕立て上げた赤堀事件の弁護士・佐原との対決を宣言して…!?



外交官・黒田康作 第7話 予告

 黒田康作(織田裕二)が調べる霜村毅(香川照之)が関与する一連の殺人事件の裏には、アメリカに本社をもつブライトン製薬がかつて起こしたアトロンという薬の訴訟問題が絡んでいた。事件の真相に近づく大垣利香子(柴咲コウ)を襲った山路貴繁(岩松了)の息子も、アトロンの副作用で亡くなっていた。
 黒田は山路のほかにも霜村の共犯者がいると、利香子を伴って佐々木藍子(片瀬那奈)のマンションへ。藍子もアトロンで妹を亡くしていたのだ。マンションには、すでに新居田一彦管理官(田中哲司)たちが家宅捜査に来ていた。協力を求める新居田に、黒田は訴訟問題とは無関係に思える柏田勉(八神蓮)殺害は、何らかの口封じだろうと話す。だが、黒田も新居田もお互いが持つカードを全て話すような事はしなかった。
 マンションを出ると、黒田は利香子に君島祐太朗(西島隆弘)の身辺調査と山路と関係が深い前科者の洗い出しを頼む。黒田は、霜村が次の行動を起こすと睨んでいた。


示談交渉人 ゴタ消し 第8話 予告

 示談交渉人の白井虎次郎(西野亮廣)は、専業主婦の小林千晴(浅見れいな)から騒音トラブルを解決して欲しいと依頼される。
 マンションに引っ越して間もない彼女は隣の佐久間重子(小川菜摘)が出す騒音に悩まされていた。不動産屋の竹田章に相談しても取り合ってもらえない。マンション管理組合理事長の中山玄によれば、前の住人も重子とトラブルになって出て行ったという。白虎は重子と話し合おうとするが、重子は聞く耳を持たない。
 その後、白虎たちは、千晴の部屋の住民が3年前から5回も入れ替わっていることを突き止める。話を聞いた白虎はトラブル解決の糸口を見つけて…。


告発〜国選弁護人
外交官・黒田康作
示談交渉人 ゴタ消し

2011年02月24日

| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。